ラピエル,二重手術,失敗

二重手術をして失敗【体験談】

腫れぼったい最初重瞳が引け目で、キレイなダブル瞳のぱっちりと大きな視線に憧れていました。 アイプチでダブルを作っても直ちに落ちてしまうことが多く、理想の視線を手に入れるためには整形加療を受けるしかないかと考えるようになりました。 最近は、雌を使用せず気軽に受けることができる埋没法というダブル施術があると聞いていたので、埋没法で施術を受けたいと思っていたのですが、打ち合わせで見てもらった先、身は視線が腫れぼったいので糸が外れ易い結果、埋没法よりも雌を使用する切開法が良しと勧められました。 どうにか施術を受けても直ちに成果がなくなってしまったら意味がないので、勧められたまま切開法で加療を受けました。 しかし、じっと打ち合わせを受けて施術を受けたのですが、医者の手に弊害があったのか、ダブル瞳が食い込みすぎてエリアの大きい不自然な視線になってしまいました。 失敗したと思い、編集をお願いしようと思ったのですが、おんなじ医者に施術をしてもらうのは怖かったので他の病舎で施術を受け直したものの、不自然な状態は全然見直しませんでした。 事前に益々体験と技術がある医者がいる病舎を調べればよかったと後悔しています。