ラピエル

一重まぶたを二重まぶたにする方法

自力で二重にするのはなかなか大変です。本当に、目は非常に無い人肌なので、手強い力を与えたり、無理をすると、かぶれてしまいます。

 

顔の取り分け、目は大事なスポットなので、人肌が赤くなっていたり腫れているとダブルでも台無しです。

 

のり状のもので、目に曲線を作るとダブルを作ることはできますが、メーキャップを落とすと、はじめ重に戻ります。強い刺激を与える結果人肌がかぶれるので、永続的に行うと、体に負担がかかります。

 

アイプチなどの市販ののりでも基本はおんなじことなので、のりで一過性のダブル曲線を作ることなので、その都度しなくてはいけないので時間的にも精神的にも大変です。

 

埋没法は通算万円でダブルが可能です。一度行うと、ほぼ永久的にはじめ重に戻りません。

 

牝を使わない切開ではないので、プチ整形と言われますが、自力ではむずかしいのでおすすめです。

 

自力のダブルは時間がかかるし、出来栄えもよくないことが手広く、チャンスだけがかかるマジ効率の悪いカタチなので、素肌にもよくないことからおすすめはしません。

 

ちっちゃいうちは、その場しのぎとして、のりで曲線を作ることもいいでしょう。長期的にみれば、自力のダブルは効率が酷く、お素肌に悪いので、埋没法などがいいでしょう。